マシン特化型ジムの実態|魅力ポイントと選ぶ際の注意点をご紹介します。

マシン特化ジムって?

マシンでトレーニングしている男性
マシン特化ジムは名称の通り、マシンの設備のみを用意したフィットネスジムです。

 

レッスン専用スタジオを用意するフィットネスジムに比べて狭い場所でも提供でき、インストラクターの人件費を最低限に抑えられます。

 

そのため、リーズナブルな料金を提供している所や拠点数が多い大手チェーン、24時間営業など普通のジムにはないメリットがたくさんあります。

 

主に自分のペースで黙々と運動したい方や、深夜など時間帯を問わず運動したい方から選ばれています。

 

マシン特化型ジムの設備

店舗によって設備の内容は変わってきますが、一般的なフィットネスジムのマシンエリアと同様に以下の設備を用意しています。

 

  • ストレッチエリア&ストレッチ器具(バランスボールなど)
  • ランニングマシン
  • エアロバイク
  • トレーニングマシン
  • ウエイトコーナー(ベンチプレス・ダンベルなど)
  • 更衣室
  • シャワー

 

このようにトレーニングマシンと有酸素マシンだけではなく、ウエイトコーナーやストレッチエリアの用意もあります。

 

本格的な筋トレやエクササイズ、健康のために軽く汗を流すなど希望に合ったトレーニングができますよ!

 

 

インストラクターについて

ノーを表しているオブジェクト
マシン特化型ジムのスタッフは、マシンの使い方の講習を受けている程度で、トレーニングの専門知識を持っていない方がほとんど。

 

昨今はファミリーマートがコンビニ併設型ジムを展開するなど、運動を一切しない人がインストラクターを務めているケースもあります。

 

会員の多くは入店時と退店時に軽く挨拶をする程度で、インストラクターと会話をすることなく黙々とトレーニングをしています。

 

深夜や早朝の時間帯はスタッフ不在で、ジムエリアには元々在籍していないこともあるので注意しましょう。

 

店舗によっては有料オプションで専門知識を持ったパーソナルトレーナーによるマンツーマン指導を受けられることがあります。

 

パーソナルトレーニングは事前予約が必要で、24時間営業のジムでも対応時間は日中から夜間の時間帯に限定されています。

 

スタジオレッスンがある所も

マシン特化型ジムの競争激化によって、マシンを使った1人でのトレーニングだけではなく、空いたスペースを使ったスタジオレッスンを扱うジムが増えています。

 

店舗によっては専用のスタジオがなく、パーテーションでエリアを区切ってスタジオレッスンを行っています。
利用する時間帯によってはマシンエリアが騒がしくなるので注意しましょう。

 

ほかにもパーソナルトレーニングオプションやプライベートロッカーなどサービスの内容が変わるので、マシン特化型ジムを選ぶ際は立地だけではなくサービス内容もしっかり比較してください。

ページの先頭へ戻る