女性からの人気上昇中!フィットネススタジオとジムを比較してみました。

フィットネススタジオ

フィットネススタジオとはスタジオプログラムに特化したジムで、マシンやプールで自由にトレーニングできる環境がありません。

 

通常のフィットネスジムでもスタジオプログラムが用意されているので、スタジオプログラムとマシントレーニングを両方したい方は通常のジムを検討してみてください。

 

なぜ、設備を限定したフィットネススタジオが人気を拡大しているのか?
その理由を探るべく通常のフィットネスジムに比べたメリット・デメリットをまとめました。

 

 

フィットネススタジオのメリット

スタジオでレッスンを受けている女性

スタジオプログラムのあるフィットネスに比べて、フィットネススタジオは以下のメリットがあります。
何かひとつでも魅力に感じることがあれば積極的に検討してみてください。

 

 

好立地のジムが多い

少ないスペースで運営できるため、オフィスビルのワンフロアなど都市部の好立地にあるジムが多いです。
職場の近くで手軽に運動できるジムを探している方におすすめですよ。

 

 

オリジナルレッスンがある

一部のフィットネススタジオでは、暗闇バイクレッスンなどフィットネスジムのスタジオプログラムにはないメニューを用意しています。

 

特定のオリジナルレッスンに特化することで、大きな機材を設置しないとできないプログラムを用意できることがフィットネススタジオの特徴です。

 

このほか、サーフフィットを専門に扱うスタジオが流行していますが、サーフフィットは大型のハイパージムでも扱う所が増えています。

 

フィットネスジムでサーフフィットなど特別なレッスンを受ける場合は、月額会費+有料オプションの都度払いが必要になることが多く、サーフフィットのみをしたい場合はフィットネススタジオを利用した方がお得です。

 

 

女性比率が高い

運動後、休憩している女性

フィットネススタジオは女性比率が非常に高いのに対して、通常のフィットネスジムのスタジオプログラムは意外なほど男性が多く参加しています。

 

男性と一緒にスタジオレッスンで体を動かす環境に抵抗を感じる方は、フィットネススタジオがおすすめですよ。

 

先進のオシャレなレッスンで運動するならスポーツウエアにもこだわりたいけど、露出が多くてボディラインが顕著に出るウエアは男性の視線が気になるといった意見が多いようです。

 

 

料金がリーズナブル

プールやスパ、マシンエリアの用意がないので良心的な料金設定にしているフィットネススタジオが多く、お得な回数券を用意しているところもあります。

 

少ない予算でスタジオレッスンを楽しみたい方や月額制や単価の高い都度払いに抵抗を感じる方は、10~20回以上の回数券を用意しているフィットネススタジオを探してみてください。

 

 

 

フィットネススタジオのデメリット

マシントレーニングやプールなどの設備がないことに加えて、フィットネススタジオは以下のデメリットがあります。

 

 

運動後に汗を流せない

水が出ていないシャワー

オフィスビルの一室を利用している所では、シャワー室すら用意していない所があります。
また、数カ所のシャワー室を用意していても、スタジオレッスンが終わった直後は混雑してスムーズに利用できません。

 

ジムでの運動後にゆっくり汗を流したい方は、設備が充実している通常のフィットネスジムを選びましょう。

 

 

レッスンメニューが少ない

フィットネススタジオは1室のみの運営をしている所が多く、レッスンメニューのラインナップで見れば複数のスタジオ・アリーナを用意している大型ジムに劣ります。

 

また、レッスン開始時間が限られているため、受けたいレッスンがあっても時間が合わずに利用できないことがあります。

 

予定を確実に組めない方は、複数のスタジオがある所を探してみてください。

ページの先頭へ戻る